抽象ガラスビル

NO.041

ここ最近の1枚をご紹介

クラリスビジュアライズワークスが自信を持っておすすめする、ここ最近の建築パースをご紹介いたします。

041 建築構造断面の3DCG

今回の作品は、建築構造断面の3DCGです。

一つ目は、基礎の断面CGです。
通常は目に見えない部分ですが、住宅の土台となる重要な部分なので、仕組みを説明するための図としてご依頼を受けることもあります。
細かい部品がたくさんありますが、それぞれの位置関係が分かりやすいように立体感を出して表現しています。

二つ目は、1階の天井から2階の床までの断面です。
質感を変え、少しずつずらしながら配置することで、層の構造が分かりやすいよう工夫しています。
さらに、合板の重なりを表現したり、角材の断面にもリアルな木目を入れることで、説明図としてより分かり易いCGを作成しています。

写真やイラストで表現できないところでは、是非CGパースをご活用ください。

弊社では大小様々なCGを作成させていただいておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。