抽象ガラスビル

NO.020

ここ最近の1枚をご紹介

クラリスビジュアライズワークスが自信を持っておすすめする、ここ最近の建築パースをご紹介いたします。

020 ひな壇の戸建て3DCGパース

130107.jpg

ひな壇の戸建ての3DCGパースです。

今回は現地へ取材に行ってきました。パースの製作でも、周辺環境を知る為に、現地へ行くことも多々あります。
図面や、参考資料だけではわかりにくいニュアンスも分かり、絵に反映することができるからです。

今回の作品は、手前、奥と、写真を使用しております。 これは実際の現地にあるものです。
現地の写真に合わせ、光の方向、影のコントラスト等、普段のパリっとしたものとは変えております。
そうすることによって、違和感を少なく合成することができます。
しかし、販売の物件が目立たなくてはいけませんので、色々と調整してあります。
違和感をなくしすぎると物件が目立たなくなりますので、そのあたりはいつも注意しながら製作しております。

秋っぽい仕上がりにする為、紅葉した植栽を入れております。 でも実はそれだけでは、秋にはならないんです。
秋の空と、夏の空って違いますよね?そのあたりをマッチさせていくと、秋のイメージになっていくのです。

一番大変だったところは、実は、ひな壇の敷地作成でした(汗)